矯正治療Q&A FAQ

インビザライン矯正は痛い?

マウスピース型矯正の代表ともいえるインビザラインは、周囲に気付かれずに矯正できる、装置を自分で取り外せる、装着感が良いなど、たくさんのメリットがあります。それだけ快適に矯正できるとなると、逆にデメリットがないか心配になりますよね。とりわけインビザライン矯正に伴う痛みに関しては、気になる方も多いことでしょう。

ワイヤー矯正よりも痛みは少ない

矯正治療は、顎の骨に埋まった歯を人為的に動かす処置であるため、少なからず痛みは伴います。それはマウスピース型矯正のインビザラインも例外ではありません。ただ、インビザラインは比較的弱い力で歯を移動させることから、ワイヤー矯正ほど強い痛みを伴うことはありません。人によってはほとんど痛みを感じなかったり、不快感が生じる程度に収まったりすることも珍しくありません。

マウスピースを交換した直後は痛い?

インビザラインのマウスピースを初めて装着した直後、あるいは次のステージに交換した直後は、痛みや不快感がやや強くなる傾向にあります。ただ、数日経過すれば症状も治まってきますのでご安心ください。やはり、新しいマウスピースを装着した直後に最も強い力がかかるものなのです。

装置のよる物理的な痛みはほとんどない

ワイヤー矯正は、金属製のワイヤーとマルチブラケットを歯列の表面に設置することから、歯茎や粘膜への刺激も強くなります。ケースによっては、繰り返し口内炎を発症してしまうこともあります。その点、インビザラインのマウスピースは、歯列にフィットするような設計となっており、表面も滑らかです。厚みは0.5mm程度しかないため、歯茎や口腔粘膜に痛みを感じることもまずありません。

まとめ

このように、インビザライン矯正は治療に伴う痛みが比較的弱いです。装置による不快症状も少ないので、快適に歯並びを整えることができます。

お問い合わせ

0176-56-4681 タップで電話がかかります 24時間WEB予約 歯並び矯正無料相談

月~水・金・土 9:00~13:00 / 14:00~18:00  休診日/木曜・日曜・祝日

0176-56-4681 タップで電話できます 24時間
WEB予約
歯並び矯正
無料相談
公式LINE