大人の矯正 ADULT

FOR ADULTS 何歳からでも
矯正治療は可能です

「矯正治療は中高生から始めるもの」だと思われている方がいらっしゃいますが、近年では 成人や中高年から矯正治療を開始される方も増えています。

その理由は、歯並びの悪さによる見た目のコンプレックスはもちろん、口内の清掃性を高めることで虫歯や歯周病を防ぐ、噛む・飲み込むといったお口の機能改善など、患者様によって様々です。理想のお口元を手に入れるために、ぜひ当院での矯正治療をご検討ください。

CHECK こんな症状ありませんか?

  • 食べ物が上手く噛み切れない
  • 歯と歯の間に隙間がある
  • 歯並びがデコボコしている
  • 受け口や出っ歯が目立つ
  • しっかりと歯を磨いているのに、
    虫歯や歯周病を繰り返している

矯正治療のメリット

矯正治療によって、歯並びが気になってお口元を隠したり、うつむきがちであったりしている方も、人目を気にすることなくにっこりと笑えるようになります。

また、歯と歯の重なり合いが解消されると歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが軽減されるのも魅力です。将来に向けて多くの歯を残したい方にとって、矯正治療は多くのメリットが得られる治療だと考えています。

矯正治療の方法 METHOD

  1. ワイヤー矯正
    ワイヤー矯正

    当院のワイヤー矯正では、GEAW(GUMMETAL Edgewise Arch Wire)システムを採用しています。「GUMMETAL」は、名称通りゴムのように柔らかくて折れにくい性質を持つ金属で、一般的なワイヤーに比べて多方面に形状を変えられるのが特徴です。このワイヤーを用いることで、歯を前後左右だけでなく、垂直に押し込む、引き出す、ねじる、傾きを起こすなど、柔軟な動的治療の実現を可能にしています。また、症例によっては顎の骨に小型のネジを埋入する、ミニインプラントを使用する場合もあります。ミニインプラントをワイヤーの固定源にすることで、より3次元的に歯を動かして、理想の歯並びと噛み合わせを目指せるようにいたしました。

  2. マウスピース矯正
    (インビザライン)

    マウスピース矯正とは、透明な治療用のマウスピースを装着することで、少しずつ歯並びを整えていく矯正方法です。当院では、数あるマウスピース矯正の中でも最も適用範囲が広い「インビザライン・システム」を採用することで、より多くの患者様へ目立たない矯正治療をご提供できるようにいたしました。
    マウスピースを作製する際には、口腔内3Dスキャナー「iTero」によって、瞬時に口内のデータを取得できます。そのデータをもとに歯を動かすシミュレーションを行い、患者様が理想とする歯並びになることを、事前にご確認いただいています。

  3. 部分矯正

    部分矯正とは、その名の通り気になる一部分の歯並びだけを整えることです。例えば、下の歯が抜けた部分を放置していると、その上の歯が伸びてきてしまうことがあります。伸びた歯を適切な位置まで埋め込みなおすためには、インプラントアンカーなどを用いた「圧下」と呼ばれる部分矯正が必要です。また、乳歯から永久歯に生え変わるタイミングのズレなどが原因で、歯が舌側に倒れることがあります。そのような場合には、歯を元の角度に起こす「アップライト」を行うなど、幅広い症例に対応できる用意を整えています。

マウスピース矯正
(インビザライン)

マウスピース矯正
(インビザライン)とは?

マウスピース矯正とは、一般的に知られるワイヤーを用いた矯正方法とは異なり、 透明なマウスピースを装着して歯列を整える矯正治療です。

当院ではマウスピース矯正にインビザライン・システムを採用しており、最小限の歯の動きで理想の歯並びを目指せる治療計画を、コンピューター上でシミュレーションできるようにいたしました。シミュレーションの結果をもとに必要なマウスピースを作製して、一定期間ごとに付け替えることで少しずつ歯を動かしていく、無駄のない矯正治療の実現を可能としています。

メリット MERIT

  • 見えにくい

    医療用プラスチックで作られた透明なマウスピースを用いることで、外から見て矯正中であると気が付かれにくく歯を動かすことができます。ワイヤー装置は目立つのが気になる方や、結婚式や成人式、就職活動などのイベントを控えている方、激しい運動をする方などにおすすめです。

  • 薄くて違和感が少ない

    マウスピースは軽くて薄いプラスチック製のため、装着しても違和感や痛みが少ないのが特徴です。新しいマウスピースの装着を始めてすぐのタイミングは痛みを感じることもありますが、数日で落ち着いていきます。ワイヤー矯正を痛みで中断された経験がある方も、矯正治療を再チャレンジしやすい装置です。

  • 会話や食事に支障がない

    歯列にぴったりと密着した装置のため、発音の妨げになることがありません。また、装置を外してからお食事をしていただくため、マウスピースと歯の間に飲食物が入り込む不快感がないのが特徴です。

  • 取り外しできるので衛生的

    ワイヤー矯正は装置が取り外せないため、歯磨きが十分に行えず、虫歯や歯周病が発症しやすいというデメリットがあります。しかし、マウスピースは患者様ご自身で取り外すことができるため、歯列の隅々まで歯磨きができ、予防をしながら矯正治療を進められます。

デメリット DEMERIT

  • 装着時間が長い

    1日20時間以上マウスピースを装着必要があります。患者様が面倒になってマウスピースを付けなかったり、装着するのを忘れてしまったりした場合、計画通りに歯を動かすことができません。そのため、ご自身で規定時間通りにマウスピースを付ける自信がない方には、おすすめできない矯正方法です。

  • 歯を削る可能性がある

    歯を動かすために必要なスペースが足りない場合、歯の側面を少しずつ削ることで隙間を作ることがあります。しかし、歯の表面にあるエナメル質をわずかに削った程度では、虫歯になりやすくなったり、冷たいものを食べてしみたりすることはありません。

  • 一部適用とならない
    歯並びがある

    マウスピースは歯を上下に動かす力が弱いため、噛み合わせの治療は不得意です。また、患者様が重篤な歯周病である場合、矯正治療によって歯が抜けるリスクが高いことから、事前に歯周病治療を行う必要があります。その他にも適用できない症例がございますので、詳しくは当院にお尋ねください。

非抜歯矯正を
可能にするGEAW矯正

当院ではGEAW矯正テクニックという特殊な技術を用いた三次元矯正治療を行っています。この方法では、GUMMETALという金属でありながらゴムのような性質を持つチタン合金のワイヤーを用いて治療を行います。しなやかな上に強度があり、ゴムのように曲げることができるため、日本人の顎の形に合った歯列のアーチを作ることができます。一般的なチタン合金よりも錆びにくく軽量で、身体に優しい金属です。

このGUMMETALワイヤーを用いることによって、歯の前後左右の位置だけでなく、咬合面(噛む面)の高さを調整することが可能となり、インビザラインでは治せない歯並びや従来の方法であれば抜歯が必要であった症例なども、歯を抜かずに治療することが可能になりました。噛み合わせをしっかりとコントロールすることができ、噛み合わせの安定や歯軋りや食いしばりの改善、噛み合わせの悪さからくる頭痛やめまいといった身体の不調を解消することなども可能になりました。また、当院で行うヘッドセラピーを併用することで、身体が噛み合わせの変化に適応しやすくなります。

GEAW矯正のメリット MERIT

  • 健康な歯を抜かずに済む
    可能性を高める

    今までは動かすことができなかった方向にも歯を移動させることができるため、歯を抜いてスペースを作り出す必要が従来法よりも少ない

  • 痛みや違和感が少ない

    ワイヤーにゴムのような弾性があり馴染みやすいだけでなく、ワイヤーのループと呼ばれる突起の部分が少ないため、違和感が少なくなる

  • 噛み合わせを
    整えることができる

    従来の方法のワイヤー矯正が苦手だった歯の噛み合わせの高さを整える、3次元的な動きが可能

  • 後戻りしにくい

    噛み合わせを安定させることによって、歯が動くのを防ぐことができるため、後戻りが起きにくい

GEAW矯正のデメリット DEMERIT

  • 高度な技術が必要

    高度な技術と豊富な知識が必要となるため、受けられる医院がまだ少ない

  • 適切な診断と治療計画が必須

    噛み合わせを再構築するという考え方が必要で、噛み合わせに関する知識や経験がないと治療が奏功しない可能性がある

  • 顎の変形など骨格性の異常には
    対応できない

    極端な顎の変形など、外科処置を必要とする症例には対応ができない

APPARATUS 特殊な装置を用いて治療を
行うこともあります

SPE拡大装置

SPE拡大装置とは、2枚の骨からなる上顎をネジによって少しずつ広げていく、患者様ご自身で取り外しが可能な可撤式拡大装置です。通常の場合、歯が綺麗に並ぶ十分なスペースを確保するため抜歯が必要になるケースがありますが、拡大装置を用いる矯正では抜歯する事なく、スペース不足を解消することが可能です。乳歯から永久歯に入れ替わる発育途中のお子様はもちろん大人の方にもご使用いただける矯正装置です。

クワドヘリックス

クワドへリックスは緩徐拡大装置とも呼ばれ、バネの力で歯列弓(歯並びのアーチ)の幅を拡大することを目的に使われています。歯列弓の幅の狭さが原因で乱れた歯並びや、舌側に傾いて生えた歯、奥歯のねじれなどを整える際にも使用しています。年齢による制限なく適用できる装置です。

インプラントアンカー

インプラントアンカーとは、「アンカースクリュー」と呼ばれる小さなネジを歯槽骨に埋入して、歯を動かす際の固定源に使う矯正装置の一種です。アンカースクリューはチタン合金製で整体親和性が高く、金属アレルギーの方にもご利用いただけます。アンカースクリューを用いることにより、治療期間の短縮や、より複雑な歯の動きの実現、抜歯をしない矯正治療が選択できるようになるなど、治療の幅を広げることに役立っています。

フェイスマスク

「フェイスマスク」は、頭部に装着して受け口の治療などを行う装置です。額と顎にパッドを当て、その間に位置するワイヤーによって上顎を前に引っ張ります。歯が生え変わる7歳から13歳の時期に用いられ、個人差はありますが1日12時間の装着が必要です。

アイテロによる光学印象を実施

口腔内3Dスキャナー「iTero(アイテロ)」により、お口の状態を短時間で取得できるようになりました。従来のシリコンを使ったお口の型取りが必要なくなったことから、嘔吐反射の強い方や、お口を長時間開けているのが辛い方に、不快感を与えることがなくなりました。
また、お口のデータを用いることで、歯の動的治療のシミュレーションを行えます。最初の歯並びと治療途中の歯並びを見比べることや、最終的な歯並びの予想図も見られることから、患者様のモチベーションを維持するのにも役立っています。

かみきたデンタルクリニック
では、適切な治療法を
ご提案いたします

患者様が無理なく矯正治療を行えるように、歯列の状態や口内環境はもちろん、生活スタイルやライフステージなどにも配慮をした治療計画の立案に努めています。

治療方法をお伝えする際には、矯正装置や治療の流れをお伝えするだけでなく、メリット・デメリットも詳細にご説明をした上で、治療を受けるか否かをご選択いただいております。患者様のお気持ちを第一に考えた矯正治療を心がけております。治療に関するご希望がある場合には、いつでもご遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ

0176-56-4681 タップで電話がかかります 24時間WEB予約 歯並び矯正無料相談

月~水・金・土 9:00~13:00 / 14:00~18:00  休診日/木曜・日曜・祝日

0176-56-4681 タップで電話できます 24時間
WEB予約
歯並び矯正
無料相談
公式LINE