矯正治療Q&A FAQ

インビザラインと他の矯正治療との痛みの違い

矯正法を選択する上で、どのくらいの痛みを伴うのかは重要なポイントとなります。矯正は数年に及ぶ治療なので、できるだけ痛くない方法を選びたいものですよね。そこで今回は、インビザライン矯正とその他の矯正治療を「痛み」という観点から比較します。

インビザラインは痛みが少ない

結論からいうと、インビザラインはその他の矯正治療と比較して、施術に伴う痛みが少ないです。なぜなら、インビザラインでは比較的弱い力で歯を移動させるからです。矯正力が弱いといっても、治療に時間がかかるわけではないためご安心ください。2週間に1回マウスピースを交換していくことで、歯をゆっくりと着実に移動させることが可能なのです。

装置による刺激が少ない

矯正治療には、歯を移動させる際に生じる痛みの他にも、装置が粘膜に当たるなどの刺激によって生じる痛みもあります。この点においてもインビザラインは優れているといえます。例えば、歯列矯正の代名詞ともいえるワイヤー矯正では、歯の表面に金属製のブラケットとワイヤーを装着することから、粘膜が刺激されて口内炎が生じやすくなっています。一方、インビザライン矯正に用いるマウスピースは薄くて表面が滑らかなので、歯ぐきや口腔粘膜を傷つけることがありません。つまり、インビザラインはその他の矯正法と比較して、二重の意味で痛みが少ない治療法といえるのです。

痛み・違和感の少ない矯正を希望される方へ

矯正期間中も快適に生活したいという方には、マウスピース型矯正のインビザラインがおすすめです。インビザラインなら矯正に伴う痛みや不快感を最小限に抑えられるからです。ただし、インビザラインはすべてのケースに適応できるわけではないので、まずはしっかりとした検査を受けることが大切です。

まとめ

このように、治療に伴う痛み、という観点からは、インビザライン矯正が最も優れた矯正法といえます。痛くない、快適な歯列矯正をお望みであれば、まずインビザラインを検討してみてください。

お問い合わせ

0176-56-4681 タップで電話がかかります 24時間WEB予約 歯並び矯正無料相談

月~水・金・土 9:00~13:00 / 14:00~18:00  休診日/木曜・日曜・祝日

0176-56-4681 タップで電話できます 24時間
WEB予約
歯並び矯正
無料相談
公式LINE